国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

清張に“新ミステリー”

12歳の詩?同人誌で発見

 作者を「松本清張」とする一編の詩が、大正時代に発行された同人誌に掲載されているのを、北九州市の古書店主が見つけた。社会派推理小説で知られる松本清張本人の作品だとすると発表当時は12歳。少年期の作品はこれまでに見つかっておらず「貴重な発見」との評価の一方で、本人の作品かどうかを疑問視する意見もあり作品さながらの“ミステリー”として注目される。

 詩が見つかったのは同市八幡東区の古書店主、今井敏博さん(62)が昨年知人から購入した古書で、1922年に現在の北九州市小倉北区で発行された同人誌「とりいれ」。詩作「風と稲」の作者は「小倉 松本清張」と記されていた。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 7時1分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る