国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

空き家対策計画、45%が策定

全都道府県で上昇、国交省

 国土交通省は13日、空き家対策特別措置法に基づき、撤去や活用を促す対策計画を策定済みの市区町村が3月末時点で全体の45%だったとの調査結果を公表した。前回調査(昨年10月1日時点)から19ポイント増。策定済みの割合は全都道府県で上昇しており、深刻化する空き家問題への取り組みが全国で進む状況が浮かんだ。

 都道府県別の策定済みの割合は、トップの高知が初めて100%となり、富山93%、滋賀79%、広島78%と続いた。来年3月末には全国で60%を超える見通しで、国交省は2025年までに80%への引き上げを目指す。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 7時21分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る