Gateアプリ大分合同新聞のスマートフォン専用アプリ誕生!詳細はこちら

国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

即位の礼、19年秋を検討

政府、天皇退位日を8日閣議決定

 政府は8日午前の閣議で、天皇陛下の退位日を2019年4月30日と定める政令を決定する。皇太子さまは翌5月1日に新天皇として即位。「平成」に代わる新たな元号が施行される。皇太子さまの「即位の礼」については、19年秋に行う方向で検討する。円滑な皇位継承の実現に向けて菅義偉官房長官をトップとする準備組織を設置し、天皇陛下の退位の儀式を含め、準備を加速させる考えだ。

 天皇の退位は1817年の光格天皇以来、約200年ぶりで、現行憲法では初めて。政府は新元号について、国民生活への影響を最小限に抑えるため、来年半ばに公表する方針だ。


OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 5時31分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る