Gateアプリ大分合同新聞のスマートフォン専用アプリ誕生!詳細はこちら

国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

TBSに三島由紀夫の対談テープ

死生観や文学観を語る

 TBS(東京・赤坂)は12日、作家の三島由紀夫(1925~70年)が死去する9カ月前の1970年2月、英国の翻訳家と対談した未発表の録音テープが社内で見つかったと発表した。「放送禁止」の扱いでアーカイブ部門の責任者が歴代、保管してきたものだという。三島が自らの死生観や文学観を語っており、自決に至る心境や思想を知る上でも貴重な資料といえそうだ。

 対談は英国の翻訳家ジョン・ベスターさんを相手に日本語で行われた。テープの中で、遺作となった小説「豊饒の海」の第3部「暁の寺」を脱稿した日であると明かしていることから、70年2月19日に録音されたと特定した。


OPENCLOSE

cawainformation-カワインフォ

cawainformation-カワインフォ毎日更新中

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 4時41分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る