大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

31日、減便計画を公開 大分市、意見受け付け

 県内路線が大幅減便となるJR九州のダイヤ改正(3月17日)について、大分市は31日から、市に関係する減便内容を市役所やホームページ(HP)で公開する。2月9日まで市民から意見を受け付け、同社に伝える。
 公開するのは同社から市が説明を受けた減便計画。市役所本庁舎の都市交通対策課と情報公開室、各支所で見ることができる。HPは31日午前8時から。意見は備え付けの用紙で提出するか、HPに書き込める。
 市によると、同社はJR大分駅を発着する普通列車のうち、日豊線14本、久大線9本、豊肥線6本の運転を取りやめる方針。日豊線ではこの他、同駅に停車または発着する計8本の運転区間が短縮される。
 市都市交通対策課は「JRに実情を理解してもらうため、減便で日常生活にどんな支障が出るか教えてほしい」と呼び掛けている。
※この記事は、1月31日大分合同新聞朝刊19ページに掲載されています。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 5時51分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る