Gateアプリ大分合同新聞のスマートフォン専用アプリ誕生!詳細はこちら

大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

久留島精神体験し学ぶ 玖珠に記念館完成

 玖珠町森に久留島武彦記念館が完成し、20日、報道関係者に公開された。町内初の博物館で、町の偉人で口演童話家の久留島武彦(1874~1960)の経歴や作品を紹介。「互いに助け、頼り合い、ともに生きていく共同共生の精神」という久留島精神を伝えていく。オープンは28日。

 記念館は三島公園グラウンドの一角にあり、木造平屋約500平方メートル。約5千点の資料を展示・所蔵している。総事業費は約2億4千万円で、国の補助金や有志の寄付を除く町負担額は約2億1600万円。
 「久留島精神を体験して学ぶ」がコンセプト。入り口では等身大の久留島武彦の絵(172センチ)が出迎える。内部は子どもたちが絵本を読める「いぬはりこの部屋」や久留島の生涯を学べる「久留島先生を学ぶ部屋」など、10のブースに分かれている。
 「ものがたりの部屋」では童話や久留島の肉声を聞くことができ、絵本をアニメーション化した映像で口演童話を体感できる。「日本を旅する部屋」では、久留島の全国での活動を紹介。スクリーンに久留島と晩年飼っていた犬「ボンちゃん」がかわいらしい人形となって案内人を務め、映像資料で紹介する。
 金成妍(キムソンヨン)館長(38)は「久留島先生が伝えたかったことを全国、世界へ発信していきたい。来場者には口演童話や久留島精神の世界を存分に楽しんでほしい」と話した。
 28日午前11時から記念式典。町内外の子どもら約千人が集まって、ロングテープカットを行う。
 開館は午前9時半~午後4時半。月曜日(祝日の場合は翌日)は休館。入館料は一般300円、町民150円。高校生以下無料。問い合わせは同記念館(TEL0973・73・9200)へ。 
※この記事は、4月21日大分合同新聞朝刊13ページに掲載されています。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 6時11分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る