新時代を生きる

時代の移り変わりとともに、多様化してきた価値観。仕事においても趣味の世界でも、従来の固定観念にとらわれない独自のスタイルを模索し、貫こうとする姿が県内でも広がりつつあります。まち、暮らし、文化など、それぞれのシーンで新時代を象徴する「人」に迫ります。

表示順変更 
2019年
10月8日
(火)

3時0分更新

映画界活性化に情熱 宮崎亮一さん

ファッショナブルな若者に、癖のありそうな熟年男性。小ホールを埋めた幅広い客層が作品や監督に向けて温かい拍手を送った。9月末、大分市で3年目の「おおいた自主映画祭」を成功させた実行委員長の宮崎亮一さん(・・・

2019年
9月10日
(火)

3時0分更新

豊かな自然情報発信 愛好家らと連携、環境守る G

休日の朝、高尾山(大分市)に入った。木々に覆われた山道は光が柔らかく、町の喧騒(けんそう)を忘れる。「大分にも野ウサギやアナグマがいるんですよ。これは昨晩、イノシシが掘り起こした跡ですね」。穏やかな語・・・

2019年
8月20日
(火)

3時1分更新

誰もが尊重される社会に 権利確立まで闘い続ける

県内の山あいで、季節の移り変わりを肌で感じながら暮らす。のどかな山村にも田舎町にも、ここ大分にも、性的指向や性自認に悩み、差別や偏見に苦しむ人がいる。「都会だけの話ではない。人と違う自分はここでは暮ら・・・

2019年
8月9日
(金)

3時1分更新

農業、防災…羽ばたくドローン事業 中津市・倉迫淳也さん

空撮したり、物を動かしたりと身近な存在になりつつある小型無人機ドローン。中津市三光下秣の倉迫淳也さん(44)=samisamiラボ代表=は県北地域のドローンビジネスを手掛ける先駆者だ。身に付けた技能と・・・

2019年
8月7日
(水)

3時1分更新

「プロでないのが強み」元料理人、建設会社率いる

異色の社長誕生―。1日、坂井建設(大分市)の社長に就任したのは元料理人の臼井栄仁さん(42)。建設業界の常識や型にとらわれない斬新な取り組みで、人材確保・育成、事業拡大を進めている。他業種からの転身だ・・・

2019年
7月30日
(火)

3時1分更新

西欧の古楽器を研究 現代人癒やす優しい響き

梅雨の合間、青々とした田んぼに風が抜ける。「カテリーナ古楽器研究所」の工房は、杵築市山香町の田畑と木々に囲まれた一角にある。松本未来さん(37)はここで母親や妻と田を耕しながら、中世からルネサンス期に・・・

2019年
7月18日
(木)

3時1分更新

「高齢者を元気に」 エクササイズ教室で健康づくり後押し

超高齢化社会の到来に向け、健康寿命をどう延ばすか。待ったなしの課題だ。大分市松岡の整体師亀井久美子さん(54)は「高齢者には運動が必要」と専門的な指導法を学び、市内3カ所で「健康エクササイズ日和(ひよ・・・

2019年
7月11日
(木)

3時1分更新

別府―東京、映画漬け 劇場補佐とライターを両立

格安航空(LCC)やインターネットの普及で、1カ所に住むことにとらわれずに働く人が増えている。フリー映画ライターの森田真帆さん(39)もその一人だ。友人の紹介で訪れた別府市と実家のある東京都で月の半分・・・

2019年
7月9日
(火)

3時1分更新

音のない世界駆ける 「デフサッカー広めたい」

審判が合図で振るフラッグの音が際立つ静かな試合。デフ(聴覚障害)サッカーの選手たちは、手話、ジェスチャー、アイコンタクトでボールを操り、音のない世界を駆ける。渡辺亮平さん(30)はデフサッカー日本代表・・・

2019年
6月25日
(火)

3時1分更新

引きこもり体験語る 「時には逃げたっていい」

披露するコントはまだ荒削りだが、クスクスと笑い声が起きる。失敗体験やドロドロした感情を笑いに変えると、浄化される気がする。「もっと気楽に。仕事も人間関係も時には逃げたっていい」。よく通る声で来場者に呼・・・

2019年
6月11日
(火)

3時0分更新

妻の負担「僕が減らす」 在宅勤務制度など活用 G

午後5時半。毎日定時より30分早く退社する。帰宅すると、共働きの妻(39)が夕飯を作る傍らで長女(5)の相手。食後の片付けや読み聞かせなどをしながら、家族団らん。勤務時間はアプリで管理し、30分程度を・・・

2019年
6月1日
(土)

3時1分更新

病気の後、見つけた財産 描いた似顔絵千枚

医療の進歩で長寿命化が進むとみられる新時代。重い病気で一命を取り留めたとしても、四肢に障害の残った患者がいかに生きがいを持って暮らせるかは大きな課題だ。6年前に脳血管疾患(脳内出血)で倒れ、左半身が不・・・

2019年
5月21日
(火)

3時0分更新

インスタグラマー 勇気を与えられる存在に

SNS(会員制交流サイト)の発達は新たなビジネスモデルを生んだ。若者を中心に、世界で10億人、国内で2900万人の利用者があるとされる写真共有サービス「インスタグラム」。戸高彩菜さん(27)は、インス・・・

OPENCLOSE

イマコレ

ページ上部へ戻る