県内一周大分合同駅伝

春季県体・第61回県内一周大分合同駅伝競走大会(県、県教委、県体育協会、大分陸上競技協会、県内各市町村、大分合同新聞社主催、FIG株式会社特別協賛)は2月18日~22日。16郡市の精鋭が繰り広げる、熱いレースご注目ください。

大分合同駅伝 特設ページへ

表示順変更 
2019年
2月21日
(木)

3時0分更新

熱走・応援路 竹田市 【大分合同駅伝第3日】

後輩がパワーを注入(写真1)久住町小川の沿道には、久住中学校の2、3年生ら30人が看板などを持って整列。同校出身の志賀勇輝選手(大分中村病院)に声援を送った。3年の浅倉愛さん(15)は「古里の山道を力・・・

3時0分更新

熱走・応援路 玖珠町 【大分合同駅伝第3日】

仕事の合間にエール(写真1)くすまちメルサンホール中継所前では、くす星翔中学校の駐車場を造る工事をしていた地元の建設会社員5人が、仕事の手を休めて声援を送った。長尾和仁さん(45)は「玖珠郡頑張れ!地・・・

3時0分更新

吉原が最長距離走破 14年ぶり更新 中津の鉄人、偉大な記録

無事これ名馬―。中津の鉄人・吉原裕智(55)=宇佐西部中教=が、川下喜代人さん(佐伯市・36回出場)が第47回大会で記録した個人の大会最長走行距離(1148・7キロ)を14年ぶりに更新。出場34回目で・・・

2019年
2月20日
(水)

15時30分更新

難コース“攻防”白熱

春季県体・第61回県内一周大分合同駅伝競走大会(県、県内各市町村、県教委、県体育協会、大分陸上競技協会、大分合同新聞社主催、FIG特別協賛)第3日は20日、竹田市を出発し、2回の再出発を挟んで日田市に・・・

3時1分更新

竹田お国入り日間1位 ラスト2連続区間賞

春季県体・第61回県内一周大分合同駅伝競走大会(県、県内各市町村、県教委、県体育協会、大分陸上競技協会、大分合同新聞社主催、FIG特別協賛)第2日は19日、佐伯市から竹田市までの6区間55・1キロであ・・・

3時0分更新

佐伯エンジン全開 初日の出遅れを挽回

初日10位と出遅れた佐伯が日間5位の力走で総合7位に浮上した。「B部優勝、A部復帰」に望みをつなぐ粘りの走りに、山内禎一監督兼選手(55)=県佐伯土木事務所=は「レース後半に向けて良い流れをつくってく・・・

3時0分更新

熱走・応援路 アフロで軽快U.S.A.

第2日は佐伯市をスタート。さまざまな仮装や衣装がランナーを迎えた。レース中は、雨だったものの熱い声援。各チームが竹田市にフィニッシュするころには晴れ間がのぞき始めた。佐伯市の大間婦人会は雨が降りしきる・・・

3時0分更新

熱走・応援路 佐伯市 【大分合同駅伝第2日】

「日の丸」で同僚激励(写真1)長谷では地元の田村諭弥選手(佐伯市消防署)を同僚の4人が応援。顔を真っ赤に塗って日の丸に“変身”した広瀬昌彦さん(32)らは「努力する姿をずっと見てきた。その成果を出して・・・

3時0分更新

宇佐 つないでつないで 後半3区間粘る

初日15位とやや出遅れた宇佐が意地を見せた。C部内では唯一、全6区間で繰り上げなくたすきをつなぎ日間10位、総合でも14位と躍進に成功。チームは「これから巻き返す」と息巻いている。特に気を吐いたのが後・・・

3時0分更新

大分合同駅伝2日 (佐伯~竹田) 【県内一周大分合同駅伝】

春季県体・第61回県内一周大分合同駅伝競走大会(県、県内各市町村、県教委、県体育協会、大分陸上競技協会、大分合同新聞社主催、FIG特別協賛)第2日は19日、佐伯市役所前から竹田市役所前までの6区間55・・・

3時0分更新

父の激励 息子力走 背中を追い待望の初陣 G

「次の選手が待っている。しっかり走りきろう」。監督車からの激励が響いた。声の主は父親だった。聞き慣れた声を背に受けた息子は懸命に走った。ほろ苦いデビュー戦となった。大会第2日の19日、5区に挑んだ杵築・・・

3時0分更新

ホープが快走 豊後大野日間3位

B部豊後大野が好調だ。日間3位の力走で、総合でも初日の8位から3位に急浮上。久々のA部昇格が視界に入ってきた。長距離区間の5区で、安藤貴信(21)=北九州市立大=が力を発揮した。豊後大野市緒方町出身の・・・

3時0分更新

熱走・応援路 豊後大野市 【大分合同駅伝第2日】

私たちの声届くかな(写真1)三重町小坂では、近くの東幼稚園と、交流行事で同園を訪れた通山幼稚園(犬飼町)の園児や教諭ら約20人が雨の中、声援を送った。東幼稚園の川辺真由美教諭(49)は「毎年応援してい・・・

3時0分更新

熱走・応援路 臼杵市 【大分合同駅伝第2日】

「豚汁で体を温めて」(写真1)野津中央公民館では、市野津連合婦人会のメンバー19人が豚汁とおにぎり400食分を振る舞った。前日から仕込みに励んだ河野知子会長(63)は「豚汁で体を温めてほしい。選手の力・・・

3時0分更新

熱走・応援路 竹田市 【大分合同駅伝第2日】

園児が笑顔で出迎え(写真1)片ケ瀬の国道502号沿いでは、しらゆり幼稚園年長児17人が城下町に入る選手を出迎えた。手旗を振りながら「頑張って」と声をそろえた。垂水夢香ちゃん(6)は「みんな元気いっぱい・・・

3時0分更新

自分のペース 6人抜き 【スパートEKIDEN2019】

由布の2区を担った手嶋純輝(21)=大分大=前を行く選手に惑わされず自らのペースを貫いた。圧巻の6人抜きで初の区間賞を獲得。「雨でやや走りづらかったけど、最後まで自分の目指した走りができた」と胸を張っ・・・

3時0分更新

別府の河村、初の区間賞 【県内一周大分合同駅伝】

別府の河村剛(44)=別府自衛隊=が再出発後の3区シニア区間を制し、総合4位浮上に大きく貢献した。「状態は悪かったが、勢いづけられるように精いっぱい走った」。レース後半の流れをつくった。長い上り坂の難・・・

3時0分更新

津久見の70歳・石川奮闘 【県内一周大分合同駅伝】

大会直前に70歳を迎えた津久見の石川章一=家事手伝い=が3区のシニア区間に登場。まだ現役バリバリの健脚を披露し、沿道の声援に応える力走を見せた。厳しい台所事情の中、チームに「前が見える位置でたすきをつ・・・

2019年
2月19日
(火)

15時30分更新

竹田が好位置をキープ

春季県体・第61回県内一周大分合同駅伝競走大会(県、県内各市町村、県教委、県体育協会、大分陸上競技協会、大分合同新聞社主催、FIG特別協賛)第2日は19日、佐伯市から竹田市までの6区間55・1キロであ・・・

3時1分更新

古豪・由布 好発進3位 県内一周大分合同駅伝

春季県体・第61回県内一周大分合同駅伝競走大会(県、県内各市町村、県教委、県体育協会、大分陸上競技協会、大分合同新聞社主催、FIG特別協賛)第1日は18日、大分市から佐伯市までの8区間73・4キロで競・・・

3時1分更新

頑張れ 第61回県内一周大分合同駅伝

満を持して臨んだ3年ぶりの舞台だった。順位は落としたものの悪い走りではないと感じた。「次はタイムが上がるはず」大会第1日の4区を任された中津市チームの友松真吾選手(33)=ダイハツ九州。元サッカー選手・・・

3時0分更新

熱走・応援路 佐伯市 【大分合同駅伝第1日】

おいしい豚汁どーぞ(写真1)上浦B&G海洋センター前では、市食生活改善推進協議会上浦支部のメンバー8人が、地元産のゆずこしょうを付けた具だくさんの豚汁とおにぎりを用意した。三吉雅世支部長(42)は「一・・・

3時0分更新

豊後高田 ダッシュ A部復帰へ両エース快走

昨年のB部降格の雪辱を期す豊後高田が初日で過去最高タイの総合4位と気を吐いた。会心のスタートダッシュに中島純一監督(55)=高田中職=は「先行する理想通りの展開に持ち込めた」と胸を張った。各郡市のエー・・・

3時0分更新

熱走・応援路 臼杵市 【大分合同駅伝第1日】

「ドラえもん」が気合(写真1)下ノ江では、すえひろ保育園の園児9人がアニメキャラクター「ドラえもん」の手作りのお面や衣装を着けて応援。同園主任の佐々木須弥(しゅみ)さん(49)は「園児も選手のように毎・・・

3時0分更新

レース評 後半に猛追 竹田が2位

2区でトップに立った大分が10連覇に向けて好発進した。後半はやや苦戦したが、前半4区間の貯金を生かし、日間首位を手にした。続いたのは竹田。後半3区間は高低差のあるコースで首位の大分に迫った。C部の由布・・・

3時0分更新

「安心感と達成感」笑顔

ラストランとなった別府の淵喜輝(22)(上武大)2区の出走を最後に、競技生活に別れを告げた。これまでレース中に感情を表に出すことはなかったが、高校の先輩でもある3区の仲井賢太(23)=大分銀行=の顔が・・・

3時0分更新

熱走・応援路 津久見市 【大分合同駅伝第1日】

4回目のスターター再出発の上青江・垣籠(かっこもり)バス停前では、川野幸男市長が4回目のスターターを務めた。「市内では満開の河津桜が選手を迎えた。津久見チームは、一人一人がベスト記録を出してほしい」と・・・

3時0分更新

宇佐の「鉄人」石田制す スーパーシニア区間

宇佐の「鉄人」石田善彦(54)=吉野プラスティックス=が7区のスーパーシニア区間(50歳以上・6キロ)を20分5秒で制した。強敵ばかりの激戦区だけに、「勝てないと思っていたので良かった」と声を弾ませた・・・

3時0分更新

熱走・応援路 昭和の仮装 にぎやかに

たすきをつなぎながら県内を駆け抜けます。背中を押すのは沿道の声援。応援大賞に参加した団体を紹介します。好天の第1日。大河ドラマや干支(えと)を取り入れた応援を受けながら、ランナーたちは大分市から佐伯市・・・

3時0分更新

花の1区は豊後大野・後藤

大会の幕開けを彩る花の1区は、豊後大野の後藤みのり(26)=キヤノンAC九州=が制した。1キロの舞鶴橋手前の上り坂で、前を走るチームメートで大分の鹿内弥生(24)を抜くと、そのままリードを広げてたすき・・・

OPENCLOSE

マラソン・駅伝

ページ上部へ戻る