新しい大分合同新聞、始まりました
Gate・紙面ビューアー体験キャンペーン
202042日()

東西南北

2019.12.2



 昨年から続けている500円玉貯金が最近、増えにくくなった。言うまでもなくキャッシュレス決済のあおりである。国が旗を振る同決済のポイント還元は消費税増税の負担軽減が狙い。還元分は国が負担する。期限付きとはいえ、増税以上の還元率は本末転倒に思えるのだがいかがなものか▼とはいえ、せっかくの制度を使わないのももったいない。複数のものを試してみているが、なんとも分かりにくい。あるものはその場で値引き、あるものは還元分だけポイントが加算され、後日使えるようになる。先に現金をチャージする形式やクレジットカードからの後払い…。どこが便利で、どのカードと組み合わせるとお得か、見定めようと試行錯誤している▼さらにはIT技術が飛躍的に進む昨今、スマートフォン決済に危険性はないのか不安は残る。これまでもクレジットカード情報を不正に読み取る「スキミング」や他人のクレジットカード番号を割り出す「クレジットマスター」という手口があった。セブン―イレブンの「7pay(セブンペイ)」は不正利用により、わずか数カ月で廃止に追い込まれた▼アプリのインストールやウェブサイト経由からのウイルス感染、特定の企業になりすましてログインを促すメール…。スマートフォンからの情報漏えいは、よほど意識していないと起こりうる。システム側も利用者も万全の対策を怠ってはならない。
2019年12月2日

東西南北

 

 大分合同新聞の顔とも言えるコラムです。朝刊1面に掲載。短い文章ですが、政治や世の中の動き、いま話題の事柄を鋭く、時に風刺の効いた、心温まる筆致で描きます。故事来歴などのうんちくも豊富。文章に親しみ、物事を考えるヒントにもなる。それが「東西南北」です。

最新の紙面はこちら

ニュースアクセスランキング 15時31分集計

大分ニュース