新しい大分合同新聞、始まりました
Gate・紙面ビューアー体験キャンペーン
202042日()

  • 大分合同新聞
  • 読み物
  • ああ、この人はこれから、道を切り拓いていくのだ [アリー・しーちゃんの今日も迷走]

ああ、この人はこれから、道を切り拓いていくのだ

 いやあ、お祭りみたいでしたね。南海キャンディーズ・山里亮太さんと、女優・蒼井優さんの、ご結婚の一部始終。テレビを見ても、ネットを見ても、祝福ムード一色で、「ほっこりした」とか「非モテの希望の星」とかの言葉が並びます。「ミ」のつく某ワイドショーではね、メイン司会者がずーーっと首ひねっててね。「なぜ彼が蒼井さんと結婚したらいけないのか」とコメンテーターに問われて「ブサイクだからです!」と言い放ったとか。ああ、馬鹿丸出し。ほんとにみっともない。

 そんな世界の片隅で、私は、別の理由でもやもやしていました。そうなの、素直に喜べないんだ。だって、かの山ちゃんと言う人は、「恋愛下手」とか「非モテ」とか、いわゆる「持たざる者」の目線から、冴え渡ったねたみとそねみを言葉にかえて、私たちの胸をすっきりさせてくれる人です。その人がね、誰の目からも明らかな、きらきらした幸せを手にしてしまったらさ、芸人さんとしてはまるで両の羽をもぎ取られたような、非常事態に陥るんじゃないか。どんなに的確で冴え渡った毒を吐いても、私たちは「んなこと言うても、家で蒼井優が待ってんだろ?」って思っちゃうんじゃないか……。

 でも、記者会見。ものすごい語彙力で、みんなの疑問にてきぱき答えていく山ちゃんを見ていて思いました。ああ、この人はこれから、道を切り拓いていくのだと。ねたみやそねみでも、小器用な司会者に収まるんでもなく、山ちゃんだけの、山ちゃんにしか行けない道を切り拓き、私たちの度肝を抜いてくれるんだなと。それを私は見たいし、追いかけたい。そう、私は筋金入りの山ちゃんファンです。

 当然ながら、彼のホームであるラジオ番組「不毛な議論」も聞きましてね。エンディング、山ちゃんは泣きながら言うのです。自分は、自分の芸風からして、幸せになったらいけないんだと思ってた。結婚するのが怖かった。でもリスナーがそれを否定してくれたから、今回の決断ができたのだと。

 思う存分、幸せを楽しんでほしいと思います。そして、その先を見せてほしいよ、ボス(←番組での愛称)。

 今回の件で、山ちゃんに惚れちゃった人はこの本を是非に。書評書いてます。もしよかったら。https://this.kiji.is/392798956298093665?c=39546741839462401(毎週金曜に更新)

☆しーちゃん(小川志津子) インタビューが大好きな寂しんぼライター。何だかぼーーっとしてる間に40代に突入。セエシュンとかレンアイとかコンパとかシュラバとか、若いうちにもっとやっとけばよかった、とか思いながら大好きな「怒り新党」に強くうなずく日々。

2019年6月7日

アリー・しーちゃんの今日も迷走

女性ライター2人のつれづれ日記。ゆる~く楽しんで。

アリー/しーちゃん(小川志津子)

■アリー
 目指せ男子100人斬り!が座右の銘。平成生まれの会社の後輩は、片っ端からいじめ倒すアラサー美人OL。好きな男性芸能人は「脱がせてもないのにそんなこと言えねー」。ちなみに服、早く脱ぐのが得意です♪
■しーちゃん(小川志津子)
 インタビューが大好きな寂しんぼライター。何だかぼーーっとしてる間に40代に突入。セエシュンとかレンアイとかコンパとかシュラバとか、若いうちにもっとやっとけばよかった、とか思いながら大好きな「怒り新党」に強くうなずく日々。

最新の紙面はこちら

ニュースアクセスランキング 15時21分集計

大分ニュース