ニール・ヤング・ウィズ・クレイジー・ホース『コロラド』 こんな世界にしてしまった自分の世代を懺悔する

 12年の『サイケデリック・ピル』以来7年ぶりのクレイジー・ホースとの最新作です。69年ソロ・アルバム『ニール・ヤング』で結成されたクレイジー・ホースは、バックバンドというより彼のバックボーンといえる存在。近作でのソロやプロミス・オブ・ザ・リアルとのコラボ作品とは違った重みを感じます。特に今作では50年ぶりにギターのニルス・ロフグレンが参加、ある意味ニールのライフ・ワークとも言える作品になっています。

 今作品でニールが発信するメッセージはこれまでのように外に向かって訴えるのではなく、こんな世界にしてしまった同世代、自分自身に対する懺悔とも言えるもの。13分半に及ぶ「シー・ショウド・ミー・ラヴ」では“年老いた白人連中が母なる自然を殺そうとしているのを俺はみた、若者たちが自然を救おうと戦う姿を俺は見た”と歌い、「レインボウ・オブ・カラーズ」では“昔のアメリカには虹のように様々な色があった、白一色に塗りつぶすことはできない”“兄弟、姉妹がこれからも一緒に歌うはずだ”と残された世代に希望をたくします。

(ワーナー・ミュージック・2500円+税)=北澤孝

2019年11月27日

音楽玉手箱

聴く価値アリ!の1枚を、各ライターが紹介します。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 0時51分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る