新しい大分合同新聞、始まりました
Gate・紙面ビューアー体験キャンペーン
202048日()

妊婦に優しい空間 中津市小幡記念図書館に新設

柔らかいソファでゆっくりと読書を楽しむ妊娠中の利用者=中津市片端町の市小幡記念図書館
柔らかいソファでゆっくりと読書を楽しむ妊娠中の利用者=中津市片端町の市小幡記念図書館

 中津市小幡記念図書館(片端町)は、妊婦らがゆっくり本を読める「マタニティーコーナー」を設置した。出産・育児関連書架の近くに柔らかいソファを置ける場所を確保。くつろいで利用できる、妊婦に優しい環境を整えている。
 つわりがあったり、おなかが大きくなったりしても楽に過ごせるよう職員の発案で昨年11月に始めた。関連の書籍と雑誌を増やして2、3人用のソファ2脚を据えた。殺風景な壁を職員手作りのマスコットで飾り付け、穏やかな空間を演出した。臨月を迎えた看護師の女性(27)は「座りやすいソファがあり、読みたい本も近くにあってゆっくりできる」と喜ぶ。
 同館は、赤ちゃんの泣き声への理解を求め、小さな子ども連れでも利用しやすい「あかちゃんタイム」(第3水曜日の午前10時半から2時間)を導入するなど、誰もが利用しやすい環境整備に力を入れている。マタニティーコーナーのソファは妊婦優先だが、空きがあれば誰でも利用できる。友松尚美館長は「ゆったりしたソファと空間で、読書を楽しんでほしい」と利用を呼び掛けている。

※この記事は、1月26日 大分合同新聞 11ページに掲載されています。

最新記事
中津市と豊前市を結ぶコミュニティーバス、吉富町4ヵ所にも停車
「健診受診率向上を」大分県信組が中津市に通知用の封筒1万枚寄贈
中津市の小中学校、8日に再開 
外国人と共生できる中津に 沖代小5年生が提言書
中津市、全国一の成績残した市民ら8人を表彰
最新の紙面はこちら

ニュースアクセスランキング 8時1分集計

大分ニュース