大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

東明の初戦は飯田 全国高校ラグビー組み合わせ決まる

 第99回全国高校ラグビー大会(27日開幕・大阪府花園ラグビー場)の組み合わせ抽選会が7日、大阪市内であり、都道府県代表51校(大阪3校、東京と北海道は各2校)の3回戦までの組み合わせが決まった。初出場する県代表の東明は大会初日の27日、1回戦の第2試合(第3グラウンド)で長野代表の飯田(2年ぶり9回目)と対戦する。
 抽選会には井上博文部長、若松納央主将(3年)が出席。メンバーは同校グラウンドで抽選の結果を待った。対戦相手が決まると、「まずは初戦突破だ」と気合を入れ直し、練習を始めた。

〇精度や判断力が鍵
 白田誠明監督の話 相手は守備力が高く、テンポ良く回すスタイル。タイプは似ており、プレーの精度や判断力が鍵を握る。まずは1勝を目指して自分たちのやることをしっかり定着させたい。
 若松納央主将の話 初戦がとても楽しみ。強みのスピードを生かし、全力のエンジョイラグビーで戦う。残された期間は短いが、目標の8強入りに向けて、チームのレベルを上げていきたい。
※この記事は、12月8日大分合同新聞朝刊21ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 1時1分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る