大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

食事で深まる住民のきずな 別府市「いちご会」が料理提供

 別府市亀川地区の女性たちでつくる「亀カメ倶楽部いちご会」(高橋伸子代表)が毎月1回、食を通じて地域住民らが交流できる場を設けている。主婦の力を結集した家庭料理をワンコイン(500円)で提供。愛情たっぷりの料理や和やかな雰囲気が好評だ。
 毎月15日、亀川中央町2区公民館で開催している。旬の食材を取り入れた和洋中の多彩な料理を提供。10回分のスタンプを集めると、1回分の食事が無料というお楽しみもあり、地区内外から多数の〝常連さん〟が訪れる。
 11月は肉団子の甘酢あんなどの料理が出され、隣り合わせた人たちが近況を語り合うなどして食事をした。常連の女性(80)は「料理はおいしく、おしゃべりも楽しいですね」と笑顔を見せた。
 2012年5月、倶楽部メンバーの高橋さん(73)が、女性の力で住民同士のきずなを深めようと発案して始まった。地区の女性たちに声を掛け、いちご会を結成。現在は50~70代の15人が所属し、毎回約100食を作る。体調が悪くて来られない人には弁当を届けるなど、心温まる活動を続ける。
 会員は「料理の仕方もそれぞれ違い、レパートリーも広がる」と活動を楽しむ。本年度の市民活動支援補助金で30万円の交付を受け、料理の講習会や食事提供以外の活動も増やす計画だ。
 高橋さんは「自分たちで企画をして活動し、訪れた人が喜んでくれるのはうれしい。住民の特技を生かした新たな活動にも挑戦したい」と話している。
 毎回午前11時半から開催。問い合わせは高橋さん(☎090-5742-7473)へ。
※この記事は、12月3日大分合同新聞朝刊10ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 20時41分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る