大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

濃厚な味わいに太鼓判 ナシ「豊里」初出荷式

 ナシの県オリジナル品種「豊里(ほうり)」の初出荷式が22日、大分市豊海の市公設地方卸売市場であった。大玉で濃厚な味わいが持ち味の冬場のナシを生産者らがアピールし、試食した市場関係者は「ジューシーで甘さも十分」と太鼓判を押した。
 式では、JAおおいた日田梨部会の安心院(あじみ)亨販売部長(62)が「糖度と酸味のバランス良く仕上がっている。ぜひ味わって」とあいさつした。今年は春先から好天に恵まれ、台風の影響で収量が少し減ったものの生育は順調という。
 初競りの最高価格は昨年より2万円高い1箱(5キロ)5万円。平均価格は同2205円で、昨年より55円高かった。
 豊里は2007年に誕生。クリスマス贈答用に利用されるよう期待を込め、「ホーリーナイト(聖夜)」にちなんで名付けられた。今年の出荷量は約50トン。12月末まで、県内を中心に福岡、関西方面で販売される。
※この記事は、11月22日大分合同新聞夕刊11ページに掲載されています。

ニュース

> 2019年11月22日(金)の大分県内ニュース一覧を見る

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 21時21分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る