大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

薬草で地域おこし 山香町山浦地区の36人が「料理マイスター」に

 杵築市山香町山浦地区の住民が薬草や野草を活用した地域おこしに取り組んでいる。国の補助金を活用し、地元に自生する植物の効用や調理方法を学習。高齢化が進む地域住民の健康増進に役立てようとしている。将来的には薬草を使ったお茶や弁当の商品化、野草料理の提供といった事業の展開も目指している。
 山浦地区には蒸し湯で使われ、鎮静作用があるとされる植物セキショウが自生。別府市の入浴施設に販売してきた歴史がある。人口減少が進む中、薬草という地域資源を生かした活性化ができないかと住民団体「山浦地域活性化協議会」を中心に活動を開始。昨年度から九州農政局の補助金(2020年度までの3カ年)を受け、住民を対象にした薬草セミナーの開催や効用のある植物を栽培するハウスの整備などに取り組んでいる。
 10月21日には山浦地区公民館で昨年11月から毎月開いてきたセミナーの最終回があり、地域住民ら男女36人が修了。講師を務めた矢野忠則さん(72)=NPO法人おくすり研究会代表・国東市=と薬膳講師の小倉倫子さん(45)=市内杵築=が一人一人に「薬草料理マイスター」の証書を授与した。
 その後、受講者の持ち寄った料理を試食。野草をあえたパスタや山菜の煮物などを味わい、感想を言い合った。
 阿部久美子さん(67)=会社員・同町吉野渡=は「いろいろな植物の良い部分を知ることができた。生活に取り入れたり、地区の住民グループで学んだ知識を生かして作った料理を提供してみたい」と笑顔だった。
 修了生有志は12月8日にある地区のウオーキングイベントで薬草・野草を使ったお茶や弁当を販売する予定。地区の住民自治協議会産業部長を務める緒方薫さん(64)=山浦=は「年金暮らしの高齢者も収益を得られる事業に育てられれば」と展望を話した。
※この記事は、11月15日大分合同新聞朝刊12ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 5時21分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る