大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

中学ロボコン、3部門で28チームが技術競う

 県中学生創造ものづくり教育フェアの第18回創造アイデアロボットコンテスト部門(大分合同新聞社後援)が2日、大分市の稙田東中であった。県中学校技術・家庭科教育研究会の主催。県内5校から計28チーム約50人が出場した。
 基礎、活用、応用の3部門があり、自作のロボットで定められたポイントにボールを運ぶ競技、棒や台上にブロックを設置する競技などで得点を競った。
 最優秀のロボコン大賞には大分市坂ノ市中の「坂中腹ぺこあおむし」が輝いた。入賞チームは九州大会(12月・佐賀県)に出場する。

 各部門の優勝は次の通り。
 ▽基礎 国東1号(国東市国東中)▽活用 坂中シャー芯の写真(坂ノ市中)▽応用 坂中腹ぺこあおむし(坂ノ市中)
※この記事は、11月12日大分合同新聞夕刊11ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 16時51分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る