大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

大分県勢、入念にコース確認 都道府県対抗アマゴルフ23日開幕

 第37回全国都道府県対抗アマチュアゴルフ選手権大会(大分合同新聞社など全国新聞社事業協議会主催)は23日、岡山県の東児が丘マリンヒルズゴルフクラブ(6992ヤード、パー72)で開幕する。24日まで。
 全国48チーム(地元岡山は2チーム)が出場し、団体と個人戦でしのぎを削る。
 県チームは大分合同新聞サーキットゴルフ県選手権一般の部で上位入賞(2~4位)した榎隆則(60)=大分中央、加藤重成(47)=同、山崎隆志(42)=天瀬温泉=で臨む。
 開幕前日の22日は同会場で練習ラウンドがあった。瀬戸内海に面したコースは風向きが定まらず、各ホールともグリーンの起伏が激しい。3人はコースレイアウトなどを入念に確かめ、パッティングを繰り返しながら本番に備えた。
 加藤と山崎は「グリーンは難しいが逆にやりがいがある。しっかりと攻めたい」ときっぱり。主将の榎も「やはりパッティングが鍵を握る。ピンに寄せるため、セカンドショットやグリーンオンの位置も大事になる」と分析し、「ラグビー日本代表のようにワンチームとなって団体優勝を目指したい」と話していた。
※この記事は、10月23日大分合同新聞朝刊15ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 17時1分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る