大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

トキハ別府店にラグビーW杯観戦ゾーン設置

 別府市はラグビーワールドカップ(W杯)の準決勝、3位決定戦、決勝に合わせて新たな観戦ゾーンをトキハ別府店に設置する。北浜公園の「おもてなしゾーン」では実施しない。
 26日は午後4~7時、27日、11月1、2日の3日間は午後5~8時。同店のセンターモールに大型テレビ2台を設置する。飲食の持ち込みもできる。
 おもてなしゾーンは、9月20日から10月20日までに開いた計11日間で、延べ1万8400人が来場した。W杯の熱気を最後まで楽しんでもらおうと、同店での追加開催を決めた。
 定例会見で長野恭紘市長は大分開催を振り返り、「これまで手薄だった欧米やオセアニア地域から多くの人が訪れ、別府をSNSなどで発信してくれた。全体として大成功で、今後につながる素晴らしいイベントになった」と話した。
※この記事は、10月23日大分合同新聞朝刊18ページに掲載されています。

ニュース

> 2019年10月23日(水)の大分県内ニュース一覧を見る

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 23時1分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る