大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

ラグビーW杯イングランド4強 観衆最多3万6954人

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会の準々決勝1試合が19日、大分市の昭和電工ドーム大分であった。世界ランキング3位のイングランドと同6位のオーストラリアが対戦。優勝経験がある実力チーム同士の顔合わせはイングランドが40―16で快勝し、4強に進んだ。20日は同ドームで準々決勝残り1試合のウェールズ―フランス戦があり、大分開催はフィナーレを迎える。
 試合は午後4時18分に始まった。2003年大会以来の優勝を目指すイングランドは効果的な攻撃で主導権を握り、4トライを奪ってオーストラリアを突き放した。
 スタジアムには国内外のファンが押し寄せ、大分開催で最多となる3万6954人(主催者発表)の声援が響いた。
 ゴールポスト側に陣取った東京都武蔵野市の会社員佐藤哲郎さん(44)と同練馬区の会社員伊藤俊輔さん(44)、別府市青山町の教員後藤彰朗さん(44)は久しぶりに再会した友人同士。「地鳴りのような声援と選手たちの気迫に圧倒された」と、世界最高峰の戦いにくぎ付けだった。
 20日のドーム最終戦は午後4時15分キックオフ。ウェールズは世界ランキング2位で、フランスは同8位。計5試合が組まれた大分のラストマッチとなる。
※この記事は、10月20日大分合同新聞朝刊1ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 22時11分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る