大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

旬のカマス、臼杵で味わう 市内15店舗でキャンペーン

 臼杵市の地魚をPRするキャンペーン「臼杵 de 魳(かます)!!」が市内で開かれている。31日までの期間中、15店舗で秋の旬、カマスを使った各種料理を楽しめる。
 市内の水産関係者でつくる「うすき海のほんまもん漁業推進協議会」の主催。協議会が地元産魚介類の消費拡大やブランド力向上のために始めた「臼杵ん地魚認定店制度」が1年たったことを記念し、初めてキャンペーンを打ち出した。
 豊かな臼杵の海の幸の中で今回売り込むカマスは市民に広く愛される。協議会によると、夏から秋に取れるミズ(アオ)カマスは廉価のため各家庭の食卓で重宝されてきた。10月ごろから旬を迎えるアカカマスは脂の乗った上品な白身が絶品という。
 臼杵でカマスは秋の訪れを告げる魚として親しまれ、刺し身やすし、焼き物、フライなど多様な調理法がある。
 参加店舗はいずれも臼杵ん地魚認定店の日本料理店や食堂、レストランなど。各店舗が趣向を凝らした一品やコース料理を用意しており、650~5千円で味わえる。
 食事をした店舗で配るアンケートに応募すると商品券や特産品が当たるキャンペーンも実施している。問い合わせは同協議会事務局(☎0972-63-1111)。
※この記事は、10月4日大分合同新聞朝刊12ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 14時21分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る