大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

NZ代表24日来県 カナダ戦へ別府キャンプ

 ラグビーワールドカップ(W杯)を2連覇中のニュージーランド(NZ)代表チーム「オールブラックス」が24日、来県する。1次リーグ初戦は南アフリカを撃破。昭和電工ドーム大分(大分市)で10月2日にあるカナダ戦に向けて別府でキャンプを張る。熱狂的なファンが多い人気チームの到着で、県内のW杯ムードは一段と高まりそうだ。
 オールブラックスは世界のラグビー界をけん引する。W杯は最多の優勝3回を誇り、今回も優勝候補の筆頭格だ。プレーだけでなく試合前に披露する先住民マオリの民族舞踊「ハカ」でも観衆を魅了する。
 チームは空路で大分入りした後、公認キャンプを張る別府市に滞在する。21日にあった強豪・南アフリカ戦は2トライをもぎ取り、23―13で勝利。連勝を狙うカナダ戦に向け、“泉都”で万全の調整をして備える。
 1次リーグで来県する6チームのうち、滞在は最も長い約10日間。10月1日には小中学生向けのラグビー教室など交流イベントも予定される。県民にとって、強さだけでなく優しさにも触れられる貴重な機会となりそう。
 別府市はNZ・ロトルア市と1987年から姉妹都市になり、ラグビーに加え、教育や文化面で交流を深めてきた。市は県内でのW杯開催が決定後、NZの公認キャンプ誘致に力を注ぎ、見事に射止めた。いよいよ念願の日が訪れる。
※この記事は、9月24日大分合同新聞朝刊1ページに掲載されています。

ニュース

> 2019年9月24日(火)の大分県内ニュース一覧を見る

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 21時41分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る