大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

くまざわ書店、あけのアクロス20日開店 大分県内最大規模

 大分市明野東のトキハインダストリーあけのアクロスタウンに20日、くまざわ書店大分明野店がオープンする。
 4月に閉店した紀伊国屋書店大分店の後継店舗。今月15日まで、アクロスタウン内の一角でサテライト店舗を営業していた。
 くまざわ書店は全国に200店舗以上を展開。県内では同市公園通り西のパークプレイス大分にある大分店に続き、2店舗目。売り場面積は紀伊国屋書店と同じ2540平方メートルで県内最大規模となる。児童書やコミック、雑誌だけでなく介護、教育、保育などの専門書を豊富に取りそろえている。CDや文房具なども扱う。
 新店舗は親子連れで楽しめる児童書コーナーを入り口近くに設置。店内の回遊性を高め、より多くの利用者に来てもらえるよう通路幅を広くしている。
 平井秀典店長(46)は「居心地がいいと感じてもらえるような空間を提供したい。読み聞かせなど地域に貢献できるイベントも検討する」と話している。
 夫婦で買い物に来た無職加藤忠広さん(74)=大分市けやき台=は「紀伊国屋書店のときからよく利用していた。周囲に大型書店がないので不便だった。オープンを心待ちにしている」と笑顔で話した。
※この記事は、9月20日大分合同新聞朝刊5ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 22時11分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る