大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

中津の食材をスイーツに 耶馬トピアのカフェ新装オープン

 中津市本耶馬渓町曽木の道の駅「耶馬(やぱ)トピア」内にある、やばけい情報館に隣接するカフェがリニューアルオープンした。菓子職人の経験を持つ元地域おこし協力隊員の女性が運営。店名は「余るほどの地域の食材を菓子に」との思いを込めて「道cafe 余菓(よか)の日」と改称した。「時間を忘れ、ゆっくりくつろいでください」と来店を呼び掛けている。
 運営するのは北九州市出身の今出晃子さん(37)。4年前に夫と中津市に移住し、昨年末まで耶馬渓町で活動した。
 ケーキは手作り。季節のタルト、定番のチーズケーキとガトーショコラの3種類。飲み物は有機栽培の豆を炭火で焙煎(ばいせん)したコーヒー、地元の茶葉を使った紅茶、自家製ジンジャーエールなどを用意する。焼き菓子も販売する。
 カフェは2017年末に交流施設の空きスペースを改装して設けた。地域おこし協力隊員3人が「道cafe」の名前で運営。今出さんも菓子メニューの開発に協力した。任期が終わり、6月に休業していた。跡田川沿いにあり、風光明媚(めいび)な山里の景色を楽しめ、季節の移ろいを感じられるという。
 営業時間は金・土・日曜日の午前10時から午後5時。問い合わせは☎080-9521-6474。

 地域の情報や魅力を発信する「やばけい情報館」に地域おこし協力隊員が金~日曜日に常駐するようになった。観光案内のほか、移住の相談なども受け付ける。
※この記事は、9月20日大分合同新聞朝刊12ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 1時31分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る