大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

ニャンとも愛らしい 猫の島(佐伯市深島)

瀬戸内8社合同企画 ここで撮ろうよ(1)

 穏やかな瀬戸内海を望む地域には、撮影に絶好な「インスタ映え」スポットがあちこちにある。周辺各県などの地方紙8社が地元のお薦めを紹介する。行楽の秋に、お出掛けはいかが。

 ゆったりと流れる〝島時間〟には、気ままに過ごす猫がよく似合う。
 佐伯市にある蒲江港から南に約9キロ。日向灘に浮かぶ周囲わずか4キロの深島は「猫の島」として知られる。20人ほどの島民に対し、暮らしている猫は約70匹。猫を目当てに来島する愛猫家も多い。
 定期船を下り、波止場から細い路地に向かうと、そこかしこから猫が顔をのぞかせる。島民の有志が協力して世話をしているため人になれており、近づいてシャッターを切っても逃げ出す猫はほとんどいない。
 一匹一匹に名前があり、人気テレビ番組で「珍百景」に取り上げられたことも。軒先で伸びをする黒猫、釣り人の傍らで昼寝するキジ猫、コバルトブルーの海を背景に防波堤で大きなあくびをする子猫―。島中がインスタ映えスポットだ。

<メモ>
 佐伯市の蒲江港から定期船「えばあぐりいん」で約30分。蒲江港までは東九州自動車道蒲江インターチェンジから車で8分。
※この記事は、9月16日大分合同新聞夕刊11ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 6時51分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る