新しい大分合同新聞、始まりました
Gate・紙面ビューアー体験キャンペーン
202048日()

地域の職業を体験 佐伯市蒲江で児童館まつり

イリコの袋詰めを体験する子ども=24日、佐伯市蒲江児童館
イリコの袋詰めを体験する子ども=24日、佐伯市蒲江児童館

 佐伯市蒲江児童館(山内愛子館長)で24日、「第9回児童館まつり」があり、子どもたちが地域の職業を体験した。児童館と市社会福祉協議会蒲江支部が主催。約120人が参加した。
 警察官や花屋、漁師など12種類の職業に応じ、指紋の採取、花のラッピング、イリコの袋詰めといった作業に取り組んだ。体験後は100円券を「給料」としてもらい、ポップコーンや綿あめと交換し、買い物を楽しんだ。
 蒲江翔南学園1年の村松海成君(7)は「楽しかった。将来は消防士になりたい」と話した。

※この記事は、8月25日 大分合同新聞 15ページに掲載されています。

最新記事
有機農業や食育を推進 佐伯市が「オーガニック憲章」策定
佐伯市弥生にナベヅル1羽飛来 絶滅危惧種、仲間からはぐれた?
「花珠」真珠で最高賞 佐伯市のオーハタパール、大分県内15年ぶり
佐伯市内全4125柱の新たな戦没者名簿、「平和の塔」に収める
小中学生発案の津波避難所 佐伯市戸穴の高台に完成
最新の紙面はこちら

ニュースアクセスランキング 9時11分集計

大分ニュース