新しい大分合同新聞、始まりました
Gate・紙面ビューアー体験キャンペーン
202048日()

高齢者の外出支援「地域で助け合い」 国東市で講演会

地元住民ら約100人が参加
地元住民ら約100人が参加

 高齢者の外出支援をテーマにした講演会が21日、国東市役所であった。
 市民同士の助け合い活動を応援する「くにさき地域応援協議会寄ろう会(え)」が主催。地元住民ら約100人が参加した。
 演題は「外出支援をめぐる『これまで』と『現在』」。講師は、地方自治や行政学が専門の嶋田暁文・九州大大学院教授。コミュニティーバスは「利用者が伸びず収支率が低いため、自治体の財政負担が増加している」と課題を説明。「自治体だけではなく地域での助け合いが重要になっている」と伝えた。

※この記事は、8月25日 大分合同新聞 14ページに掲載されています。

最新記事
「くにさき天然ヒジキ」漁解禁
国東市の障害者がデザインしたステッカー、返礼品の外装に
普段の生活戻って 国東市の両子寺で護摩だき
「地域に根ざした農家に」国東こねぎトレーニングファーム修了式
五穀豊穣を祈る 国東市諸田山神社で伝統の「御田植祭」
最新の紙面はこちら

ニュースアクセスランキング 8時41分集計

大分ニュース