大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

新聞活用の事例を実践指定校が紹介 NIE推進協主催懇談会

 教育活動で新聞活用を進めるための教育、新聞関係者による懇談会が22日、大分市の大分合同新聞社であった。県NIE推進協議会(会長・堀泰樹大分大名誉教授)が主催。15人が出席した。
 本年度のNIE実践指定校に指定されている山口小(中津市)、鶴崎小(大分市)、戸次中(同)、緑ケ丘中(竹田市)、戸山中(日田市)、大分舞鶴高(大分市)の6校が、新聞活用事例を報告。▽朝学習で記事を読む▽学習内容をはがき新聞にまとめて発信する―などを紹介し「新聞を活用することで、意欲的に学ぶ態度が定着してきている」と効果の説明もあった。
 NIEアドバイザーからは「学校現場は毎年人が入れ替わる。新聞活用を広げていくには人材育成が大切」「新聞活用の効果は大きい。指導を工夫し、子どもたちが新聞に触れる機会を多くつくってほしい」などの意見が出た。
※この記事は、8月23日大分合同新聞夕刊11ページに掲載されています。

ニュース

> 2019年8月23日(金)の大分県内ニュース一覧を見る

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 23時51分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る