大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

強豪に惜敗、卓球男子明豊5位 全国高校総合体育大会

〈卓球)
 (鹿児島アリーナ)
 ▽男子団体3回戦
明豊3―0北海道科学大高(北海道)
 ▽同準々決勝
野田学園(山口)3―1明豊
 ▽同ダブルス1回戦
中村・岩間(明豊)3―2真坂・斎藤(秋田・秋田) 
 ▽同2回戦
中村・岩間(明豊)3―2河合・山下(神奈川・湘南工大付) 
渡辺・田原(明豊)3―0脇ノ谷・剣持(東京・実践学園)
 ▽同3回戦
吉田・大野(石川・遊学館)3―1中村・岩間(明豊)
渡辺・田原(明豊)3―0宮下・風間(千葉・木更津総合)  
 ▽女子ダブルス1回戦
新野・秋吉(明豊)3―2陳呉書蕾・佐藤(新潟・開志国際)
杉林・高橋(栃木・宇都宮文星女)3―0権藤・宮田(明豊)
 ▽同2回戦
井上・後藤(和歌山・粉河)3―1新野・秋吉(明豊)

 卓球男子団体の明豊は準々決勝で強豪の野田学園(山口)に惜敗した。初の4強入りに届かず、藤本賢司監督は「相手のオーダーは読み通りで、勝機もあったが…。わずかに及ばなかった」と唇をかんだ。
 3回戦で北海道科学大高に3―0で快勝。渡辺龍介主将(3年)が「全員卓球で勝とう」と気合を入れ、準々決勝に臨んだ。
 シングルス1戦目で渡辺主将が粘り抜いて白星発進を決めた。同時進行の2戦目は、中村和覇(2年)が昨夏の個人シングルス王者と互角の戦いを続けたが、フルセットの末に惜敗。「サーブからの展開は通用したが勝ちきれなかった」と中村。
 ダブルスもフルセットで敗れて後がなくなり、田原翔太(1年)が相手の準エースに挑んだ。各セットで粘ったがストレートで敗れ、準決勝進出はならなかった。
 「ダブルスの最終セットで守りに入ってしまった。精神面に甘さがあったかもしれない。本当に悔しい」と渡辺主将。それでも4回戦まで進んだ個人のダブルスに向け、「1、2年の時は4回戦で負けた。団体の分まで雪辱するつもりで、絶対に勝ち上がりたい」と気持ちを切り替えた。
 1年生ながら5年ぶりの入賞に貢献した田原は「相手は日本一を本気で狙っていた。自分たちもベスト4以上ではなく、日本一という目標を持って練習を積み重ねる」と誓った。
※この記事は、8月18日大分合同新聞朝刊21ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 13時51分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る