大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

観光客と地元の人が語り合える場に 天瀬町にカフェ開店

 日田市天瀬町で地域おこし協力隊員として活動したさいたま市出身の近藤真平さん(31)が同町に残って8月、カフェ「fuchi(ふち)」を開店した。3年間の任期で、美しい景観や住民の温かさなど天瀬の魅力にほれ込んだ。「ここは大切な場所。地域振興のために役立ちたい」と張り切っている。
 店は温泉街の玖珠川のほとりにある。コンテナを改造し、広さは12平方メートル。生ビールや焼酎、コーヒーなどを提供し、川のせせらぎを聞きながらゆっくりとした時間を過ごすことができる。
 近藤さんはさいたま市で東日本大震災を経験し、スーパーが混雑して食料の確保さえ困難になる都会の生活に疑問を持った。妻の出身地の日田市が隊員を募集していることを知り、2016年7月に着任。主に天瀬町の観光PRに携わり、天ケ瀬温泉の湯を活用した出張足湯にも取り組んだ。
 天瀬の生活で、たくさんの知り合いができたという。次男が生まれ、家族も4人になった。「子どもは素足で落ち葉の上を走り回り、丸太もよじ登る。町内の人からは花や野菜、菓子もいただく。周囲の人は親切で、都会にはない安心感がある」と強調する。
 カフェを開いたのは「観光客と地元の人が語り合える場をつくりたい」との思いから。「店に来て、私が魅了された地域の良さを感じてもらえたらうれしい。天瀬ファンが増えてほしい」と願う。
 店の営業は金、土、日曜日の午後1時~同11時。問い合わせは近藤さん(☎090-9340-1615)。
※この記事は、8月18日大分合同新聞朝刊15ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 9時41分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る