大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

超大型台風10号、影響長引く恐れ 広い強風域、遅い動き

 超大型の台風10号は14日午前までに強い勢力となり、15日昼前ごろ県内に最接近する見通しだ。14日未明までに県全域が風速15メートル以上の強風域に入り、早い所では15日未明に風速25メートル以上の暴風域に入るとみられる。大分地方気象台は「超大型で強風域が広く、動きが遅いため影響が長引く恐れがある。常に最新の情報を入手してほしい」と呼び掛けている。
 気象台によると、予想進路は県内直撃に近いルート。予報円の西側を進めば県内に上陸する可能性がある。暴風や土砂災害に厳重な警戒が必要としている。
 台風が通過した後も、南側に広がる雲の影響で16日まで大雨が続く場合がある。強風域も中心から南側で広く、県全域が抜けるのは16日になる見込み。
 14日は暖かく湿った空気が流れ込み、昼前から雷を伴った非常に激しい雨が降る恐れがある。1時間予想雨量は多い所で中部、南部が60ミリ、西部50ミリ、北部40ミリ。予想される最大風速は海上で20~25メートル、陸上で20メートル。最大瞬間風速は30~35メートル。その後はさらに強まりそう。大潮と重なり、14日から15日にかけて高潮の恐れもある。県は海岸などに近づかないよう注意を呼び掛けている。
 気象庁によると、台風の接近・通過による総降水量は、西日本から東日本太平洋側の南東斜面を中心に多い地域で千ミリを超える見通し。
 お盆休みのUターンラッシュと重なり、交通機関に影響が出る恐れもある。交通各社によると14、15日は県内と中四国、関西を結ぶフェリーのほとんどが欠航を決めている。JR九州は14日午後の大分―宮崎空港間の特急上下9本を運休。高速バスは大分と宮崎を結ぶ全便と京都発大分行きが運休となる。今後、台風の進路によってはさらに影響が出る可能性がある。JR西日本は13日、山陽新幹線の運転を15日の終日見合わせる可能性があると発表。JR東海も15日は東海道新幹線の本数を減らす可能性があると発表した。山陽新幹線との直通運転を取りやめ、東京―新大阪間の折り返し運転にすることも検討しているという。
 13日、大分港(大分市生石)のフェリーさんふらわあ乗り場で神戸行きの便を待っていた愛知県の会社員女性(30)は「大分市の祖母の家に遊びに来て、本当は14日の便で帰るはずだったが、欠航になったので1日早めた。残念だが安全が大事」と言い聞かせていた。
※この記事は、8月14日大分合同新聞朝刊21ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 21時21分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る