大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

台風10号、15日昼前に大分県内最接近 西日本縦断へ

 台風10号は14日午前3時の観測で「超大型」から「大型」の台風に変わり、四国・九州沖を北上した。15日にかけて四国に接近・上陸し、中国を抜けて西日本を縦断。大分県内には15日昼前ごろに最接近する見通し。接近・通過に伴って猛烈な風や雨となり、西日本から東日本の太平洋側の南東斜面を中心に総雨量が千ミリを超える地域がありそうだ。
 気象庁によると、東日本と西日本の太平洋側に台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が不安定になっている。16日にかけて西日本から東日本の太平洋側を中心とする広い範囲で雷を伴った非常に激しい雨が降る恐れがある。落雷や竜巻といった激しい突風にも注意が必要だ。
 15日午前6時までの24時間予想雨量は東海、四国、九州南部500ミリ、近畿、九州北部400ミリ、奄美150ミリ、関東甲信120ミリ。その後の24時間は東海、四国600~800ミリ、近畿400~600ミリ、関東甲信、北陸、中国、九州北部200~300ミリ、九州南部100~200ミリ。
 15日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は四国30メートル(45メートル)、九州南部27メートル(40メートル)、近畿、中国、九州北部25メートル(35メートル)、奄美23メートル(35メートル)、北陸、東海22メートル(35メートル)。波の高さは四国10メートル、東海、近畿、九州9メートル、伊豆諸島、奄美、沖縄6メートル、関東、中国5メートル。19日にかけて大潮のため普段より潮位が高く、15日は九州北部で高潮への警戒も必要だ。
 台風10号は14日午前10時現在、鹿児島・種子島の南東約280キロを時速約10キロで北北西に進んだ。中心気圧は965ヘクトパスカル、最大風速は30メートル、最大瞬間風速は40メートル。中心から半径240キロ以内は風速25メートル以上の暴風域、中心から半径600キロ以内は風速15メートル以上の強風域。
※この記事は、8月14日大分合同新聞夕刊1ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 19時41分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る