大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

台風10号、15日昼前に大分県内最接近

 超大型の台風10号は13日午前、日本の南の海上を北西に進んでおり、県内には15日昼前に最接近する見込みだ。予報円の西側を進んだ場合、県内に上陸する可能性がある。大分地方気象台は暴風や高波、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水などに警戒するよう呼び掛けている。

 気象台によると、13日昼前に県南部が風速15メートル以上の強風域に入ったとみられ、夜には県全域が入る見通し。風速25メートル以上の暴風域には14日夕から夜ごろに入るとみられる。

 暖かく湿った空気が流れ込んで14日昼前から大雨になる恐れがあり、同日の1時間予想雨量は多い所で中部と南部が60ミリ、西部50ミリ、北部40ミリ。15日はさらに強まる見込みで、15日正午までの24時間雨量は多い所で300~500ミリと予想される。

 海上はうねりを伴う大しけとなる見込み。14日にかけて予想される波の高さは、南部が8メートル、中部4メートル、北部3メートル。潮位が高い時季と重なるため、台風接近時を中心に高潮にも注意が必要。

 県内と四国、関西を結ぶフェリー各社は13日夕から多くの便で運航を見合わせ、14、15日は全便欠航を決めた。JR九州は14日夕から県南部の日豊線などで運行見合わせの可能性があるとしている。空の便も14日から影響が出る見通し。
※この記事は、8月13日大分合同新聞夕刊11ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 20時51分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る