新しい大分合同新聞、始まりました
Gate・紙面ビューアー体験キャンペーン
202042日()

23日は大暑 夏への暑さ対策は早めに

扇風機の風を浴びる子どもたち=22日、大分市のベスト電器アクロスプラザ大分駅南店
扇風機の風を浴びる子どもたち=22日、大分市のベスト電器アクロスプラザ大分駅南店

 23日は二十四節気の一つ「大暑(たいしょ)」。一年で一番暑さが厳しくなるころとされる。大分地方気象台によると、まだ梅雨明けしていない県内は曇り空が広がりそう。所によりぐずつくが気温は高くなるという。
 22日は、台風5号から変わった温帯低気圧の影響で大気が非常に不安定となり局地的に強い雨が降った。
 各地の最高気温は▽中津 31・0度(平年値なし)▽院内 30・9度(平年31・4度)▽大分 30・6度(同31・5度)―など。
 大分市東大道のベスト電器アクロスプラザ大分駅南店では本格的な暑さを前に、冷房器具を品定めする人が見られた。
 扇風機コーナーにいた同市大在の専門学校生、荒金いつきさん(21)と同市下郡北の会社員、松尾里奈さん(20)は「まだそれほど暑くないけど、そろそろ対策が必要かも。早めに準備したい」と話した。
 23日の最高気温は日田市が31度、大分、中津の両市が30度の予想。

※この記事は、7月23日 大分合同新聞 朝刊 27ページに掲載されています。

最新の紙面はこちら

ニュースアクセスランキング 19時41分集計

大分ニュース