大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

土砂災害に警戒を 大分県内、1時間30ミリ予想も

 台風5号は20日、九州や中国、四国を風速15メートル以上の強風域に巻き込みながら黄海から朝鮮半島に迫った。台風周辺や太平洋高気圧から暖かく湿った空気が集中的に流れ込んだ九州北部は大雨になった。特に長崎県ではけが人が出て土砂崩れも続発。避難指示対象者は五島市などで一時、計約3万9千人に上った。
 大分県内でも、南部を中心に激しい雨となった。大分地方気象台によると、今後も暖かく湿った空気が流れ込んでくるため、21日は県全域でおおむね雨になりそう。これまでの雨で地盤が緩んでいる所があるとして、土砂災害などへの注意を呼び掛けている。
 県内の降り始め(18日午前0時)から20日午後9時までの雨量は▽佐伯市宇目 383・0ミリ▽佐伯市佐伯 185・0ミリ▽大分市長浜 107・5ミリ―など。
 午後9時現在、佐伯市と豊後大野市に大雨警報が出ている。
 21日にかけて予想される1時間最大雨量は多い所で30ミリ。21日午後6時までの24時間雨量は南部と西部で120ミリ、中部と北部が80ミリとなっている。
 
 交通機関にも影響があった。JR日豊線の県南部の複数箇所で雨量計が規制値を超え、佐伯―延岡(宮崎県)などの区間で運転見合わせや徐行運転となった。特急、普通列車に運休や遅れが出た。
※この記事は、7月21日大分合同新聞朝刊25ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 4時1分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る