大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

別府市長「市民一丸でおもてなし」 外国人との交流促進チーム発足

 【東京支社】大分市などで今秋開催されるラグビーワールドカップ(W杯)に向け、日本と外国の文化の違いについて理解を進め、交流を促すグループ「TEAM YOKOSO(チームようこそ)」の発足式が18日、東京・丸の内であった。長野恭紘別府市長、ラグビーのニュージーランド代表チーム「オールブラックス」元主将のリッチー・マコウさん、企業、飲食店の代表らが参加した。
 長野市長はタトゥーが入っていても入浴可能な市内の温泉施設を記した地図を紹介。「市民一丸となっておもてなしの準備を進める」と意気込みを述べた。
 グループはオールブラックスのスポンサー企業AIGジャパン・ホールディングスの呼び掛けで結成した。
 同社はW杯で来日する外国人の交通事故防止につなげようと、日本の交通ルールを外国人に紹介する動画(約3分間)を発表。オールブラックスの選手が車の左側通行やバイクのヘルメット着用義務などをユーモラスに伝える内容で、インターネットで公開している。
※この記事は、7月19日大分合同新聞夕刊11ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 3時51分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る