大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

「鬼おんちっぷす」新商品作りに挑戦 国東高双国校と竹田津小

 国東市国見町の国東高双国校の生徒と竹田津小の児童が国東半島の鬼をモチーフにした菓子「鬼(おに)おんちっぷす」の新商品作りに携わっている。アイデアを練り、子どもたちが喜ぶ味付けを提案する。11月に町内の古里祭り「ちょるちょる祭」で売り出す。
 ブラックペッパー味の鬼おんちっぷす(300円)は昨年、市商工会などと連携し双国校の生徒が開発に加わった。市内にある複数の道の駅やイベントで販売している。学んだことを地元の小学生に還元しようと話を持ち掛けた。市商工会も協力する。
 2日、竹田津小で活動がスタートした。初回の話し合いには生徒、児童計17人が参加。チーズやカレー味の17種類を試食し、意見を出し合った。5年生の石川雅楽君(10)は「いろんな味を試せた。これからの取り組みが楽しみ」と話した。
 今後も生徒がアドバイスしながら定期的に話し合いを重ねる。
 児童らが考案した商品は市内の菓子製造「国東ゴコク堂」(松林智宜社長)が製造する。
※この記事は、7月8日大分合同新聞朝刊13ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 9時31分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る