新しい大分合同新聞、始まりました
Gate・紙面ビューアー体験キャンペーン
202042日()

「かぶとむし木登り競争」出場者募集 7月に直川憩の森公園で

一昨年の大会の様子。40センチの棒を登る速さを競う=佐伯市直川
一昨年の大会の様子。40センチの棒を登る速さを競う=佐伯市直川

 「かぶとむし木登り競争大会」が7月14日午前10時から、佐伯市の直川憩(いこい)の森公園である。7月1日まで出場者を募集している。
 地元住民らでつくる実行委員会(河野唯雄会長)が毎年開いており、13回目。
 大会では垂直に立てた約40センチの棒をカブトムシが登り切るタイムを競う。在来種の雄だけで、外来種は不可。1人3匹まで持ち込むことができ、1匹をレースに参加させる。
 カブトムシを持っていない出場者は当日、公園内で販売もしている。全員に参加賞があり、トーナメント上位者には賞品を贈る。
 参加費は500円。募集人数は120人で先着順。市役所や市振興局、市内の道の駅などに置いている申込用紙に必要事項を記入し、郵便局で参加料を振り込む。当日参加はできない。
 問い合わせは市直川振興局内の実行委員会事務局(☎0972-58-2111)。

※この記事は、6月26日 大分合同新聞 朝刊 14ページに掲載されています。

最新の紙面はこちら

ニュースアクセスランキング 17時51分集計

大分ニュース