新しい大分合同新聞、始まりました
Gate・紙面ビューアー体験キャンペーン
202042日()

泥だらけ「気持ちいい~」 庄内町大津留地区で田植え体験

田んぼに入り、苗を植える子どもら=23日、由布市庄内町の大津留地区
田んぼに入り、苗を植える子どもら=23日、由布市庄内町の大津留地区

 由布市庄内町の大津留まちづくり協議会(安部元生会長)は23日、田舎暮らしの魅力を感じてもらおうと、田植え体験会を開いた。
 市内外から親子ら17人が参加した。安部会長(70)と地域住民が種もみを見せ、「この種から成長した苗を植えるよ」と説明。子どもらは早速、おおつる交流センター近くの田んぼへ。「冷たくて気持ちいい」と喜び、泥だらけになりながら苗を植えた。
 大津留地区は庄内町北部の山間部に位置し、過疎高齢化が進む。田植え体験は自然の中で生活する魅力を通年で感じてもらい、移住につなげる「田舎暮らし体験プロジェクト」の一環。

※この記事は、6月24日 大分合同新聞 朝刊 9ページに掲載されています。

最新の紙面はこちら

ニュースアクセスランキング 16時11分集計

大分ニュース