大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

豊かな自然楽しんで 自宅をゲストハウスに【列島ニュース北から南から】

 徳島県那賀町花瀬の会社役員吉岡誠さん(66)が、自宅を改装して造ったゲストハウス「花瀬庵」をオープンさせた。大正時代に建てられた納屋と蔵、1975年に完成した母屋をリフォームし、宿泊用の4部屋と食堂、バーなどを備えた。吉岡さんは「豊かな自然や伝統文化を楽しめる場所にしたい」と話している。

 ゲストハウスは、最大14人を受け入れられる。1泊料金は素泊まりで1人3800円、アメゴやユズみそなど町産食材が味わえる朝夕の2食付きで7800円。母屋のキッチンで調理したり、道具を借りて敷地内でバーベキューをしたりすることもできる。

 吉岡さんは、78年に父(故人)が経営する太陽熱温水器販売会社(阿南市羽ノ浦町)に入り、自宅も羽ノ浦町に置いた。ここ10年は母(95)の様子を見るため、羽ノ浦町の自宅と花瀬の実家とを行き来していたが、母が1年ほど前に施設に入所したため、誰も住まなくなった実家の活用策としてゲストハウスへの改装を思い立った。

 なじみの大工にリフォームを依頼し、納屋や蔵の梁(はり)などは残しながら、床は那賀町産の杉やヒノキの無(む)垢(く)材に張り替えるなどして古い家の良さを生かした。昨年秋ごろにほぼ完成した。

 吉岡さんは「古い家を守るには、この方法がいいと思った。ゲストハウスでは那賀川沿いの自然観察のほか、三味線やピアノのライブなども考えており、地域の活性化に貢献したい」と話している。

 食事だけでも可(要予約)。宿泊は完全予約制。予約、問い合わせは吉岡さん(☎090-3185-6640)。 

(徳島新聞)
※この記事は、6月22日大分合同新聞夕刊11ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 18時1分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る