Gate会員登録
2020527日()

全小中学校にiPad 豊後高田市が子ども議会の提言を初採用

iPadでプログラミングを学ぶ児童ら=豊後高田市の戴星学園
iPadでプログラミングを学ぶ児童ら=豊後高田市の戴星学園
  • iPadでプログラミングを学ぶ児童ら=豊後高田市の戴星学園
  • アニメを披露する児童(右)ら

 豊後高田市教委は市内の全小中学校16校にタブレット端末「iPad(アイパッド)」360台を配布し、公衆無線LAN「Wi―Fi」を整備した。昨年8月の子ども市議会で“小学生議員”が提言した政策を取り入れた。市教委は「子どもたちが主体的に学ぶためにICT(情報通信技術)の環境整備は欠かせない」と導入を決めた。同市で子ども市議会の提言が採用されたのは初めて。
 合併後初となる子ども市議会には小学6年生18人が参加。本会議の一般質問で「学習に役立つタブレット端末を増やし、ネット環境を整備してほしい」と要望した。
 iPadは各校の1クラス分に行き渡る数となっている。事業費は3882万2千円。来年度からの新学習指導要領では、コンピューターのプログラミング教育が小中学校で必修化されることから先駆けた。
 18日に小中一貫校の戴星学園(河野信一学園長、70人)でiPadを活用したプログラミング公開授業があった。
 戴星学園の5年生10人が出席。自分で考えた物語をプログラミングするソフトを使ってアニメに仕上げる課題に挑んだ。計画書を基にiPadで動き方や文字を入力し、完成したアニメを発表した。
 コウモリが大空に憧れて宇宙に飛び出すアニメを作った川口陽輔君(10)は「プログラミングは想像力を磨かれる。普段の授業よりも熱中できた」と話した。

※この記事は、6月20日 大分合同新聞 10ページに掲載されています。

ニュース
豊後高田市の宮町応援、先払いチケットや協賛金350万円突破 5月24日 3時0分
自動車関連の受注激減で福祉の現場〝悲鳴〟 豊後高田市の授産施設 5月22日 3時1分
市立図書館、25日から再開 5月22日 3時0分
オンラインで移住相談 豊後高田市が窓口開設 5月19日 3時0分
人手不足の土木現場に外国人の力 豊後高田市の西日本土木が実習生初採用 5月17日 3時1分
最新の紙面はこちら

ニュースアクセスランキング 5時31分集計

大分ニュース