大分合同新聞納涼花火シリーズ

別府会場 7月28日(日) 20:00スタート!

大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

“甘くて大玉”日田スイカ、出荷最盛期をPR

 出荷が最盛期を迎えている日田スイカをPRするキャンペーンが15日、大分市豊海の市公設地方卸売市場であった。
 県内最大の消費地である県都で消費拡大や認知度アップを図ろうと、日田市やJAおおいた中西部事業部日田西瓜(すいか)部会(中島哲男会長)などが企画した。
 市場には、約千玉のスイカが入った箱がずらり。水郷ひたキャンペーンレディの草野亜李砂(ありさ)さん(30)やタレントの山本華世さんが壇上に上がり、日田スイカを紹介。生産者らが切り分けたスイカを市場関係者らに振る舞った。
 同部会によると、日田スイカは13戸が計26ヘクタールで栽培。盆地特有の寒暖差で糖度が高くなりやすい。今年は雨が少なかったこともあり、甘味が凝縮されているという。5月下旬から8月下旬ごろまで大分、別府両市や福岡県を中心に約1500トンを出荷する予定。
 中島会長(66)は「大玉で甘味が強く上々の仕上がり。最高の日田スイカを味わってほしい」と話している。
※この記事は、6月16日大分合同新聞朝刊23ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 4時41分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る