大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

大分県出身のプロップ ポジション争い白熱

具「3番は絶対に渡さない」 木津「全力で成長アピール」

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で初の8強入りを狙う日本代表は現在、宮崎市で合宿に臨んでいる。文理大付高出身の具智元(グ・ジウォン)(ホンダ)、由布高出身の木津悠輔(トヨタ)の両PR(プロップ)もW杯での代表入りを懸け、激しいポジション争いを続けている。
 宮崎合宿は7~8月のパシフィック・ネーションズカップに向けたものだが、W杯代表につながる重要な合宿だ。ウエートトレーニングやユニット練習などを含め、早朝から夜間に及ぶ練習が7月17日まで続く。合宿2日目の11日も4部練習というきついメニューだった。午後の全体練習では試合形式で攻守の連係を繰り返し確認するなど、全選手は本番を意識して臨んでいた。
 現在代表候補は42人に絞られている。生き残りを懸けた競争は今後、さらに激しさを増す。具と木津もW杯に懸ける思いは強い。
 2017年から日本代表に定着し、スクラムの要となる3番で出場を続ける具は気合十分だ。「膝のけがで焦りもあったが、順調に回復している。今回の合宿でも良い動きが出せている」と手応えをのぞかせる。W杯に向けて「桜の3番のジャージーは絶対に渡さない。スクラムなどのセットプレーはもちろん、一生懸命なプレーで貢献する」と燃える。
 木津はトップリーグ選抜として臨んだ慈善試合での活躍が評価され、2月に代表候補合宿に追加招集された。当時は「びっくりした」が、「代表でやっていける自信が深まっている。宮崎合宿はどれだけ成長したかを示す機会。全力で取り組む」と抱負。ライバルは同じポジションの具。「絶対に諦めず、闘志をむき出しにして戦う姿でアピールを続ける」と力を込めた。
※この記事は、6月12日大分合同新聞朝刊20ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 10時11分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る