Gateアプリ入れてる? 大分合同新聞のスマホアプリ 詳細はこちら

大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

文理大惜敗、不運な失点 全日本大学野球

 第68回全日本大学野球選手権は10日、東京ドームで開幕し、1回戦4試合があった。県勢の日本文理大(九州北部)は大商大(関西六大学)と対戦し、1―2で惜敗した。このほか創価大(東京新)、仏教大(京滋)、愛知工大(愛知)がそれぞれ勝って、2回戦に進んだ。
 日本文理大は初回、安永元也(3年)の適時打で先制に成功した。だが三回に追い付かれ、その後は息詰まる投手戦となった。
 同点で迎えた九回、日本文理大は2死三塁のピンチに、1人で投げ続けた藤野幹大(同)が打者を打ち取ったかに見えた。だが不運な内野安打となり、勝ち越しを許した。裏の攻撃に全てを懸けたが、走者を出すことができず、藤野の好投に報いることができなかった。
 また神宮球場で予定された1回戦3試合は雨のため中止になった。上武大(関甲新)―福井工大(北陸)は11日の東京ドームの第1試合に入り、中京学院大(東海)―桐蔭横浜大(神奈川)、近大工学部(広島六大学)―東農大北海道オホーツク(北海道)は11日の神宮の第1、2試合に順延となった。

 ▽1回戦
大商大(関西六大学)
001 000 001|2
100 000 000|1
日本文理大(九州北部)
※この記事は、6月11日大分合同新聞朝刊19ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 7時31分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る