大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

日本の習慣やルール学ぶ 豊後高田でベトナム人実習生講習会

 豊後高田市など官民共同で設立した事業協同組合で受け入れたベトナム人技能実習生9人の1カ月講習会が市内で開かれている。日本の生活習慣やルールを学んでいる。受け入れ先企業の関係者も視察した。
 3月末に実習生2人が来日して初めての研修を終えた。今回は第2陣。8日から市営宿泊施設「ヴィラ・フロレスタ」(西真玉)で暮らしながら日本語を学んでいる。
 14日には外部講師を招いた。豊後高田署員は「自転車の2人乗りは絶対駄目。交通ルールを守って安全に生活してもらいたい」と話した。市環境課職員はごみの出し方を解説し、消防署員は防災講習をした。実習生たちはベトナム語の話せる市地域おこし協力隊員の通訳を介して必死にメモした。
 ハノイから来日したレー・ティ・ミン・チーさん(29)は「ごみ出しは複雑だが、豊後高田は静かで暮らしやすい。日本語を身に付けて日系企業で働けるようになりたい」と話した。
 市内工場で実習生6人を受け入れる精密プラスチック部品の金型・成型品メーカーのキャム(栃木県壬生町)の関係者が講習の様子を見守った。木村哲也専務取締役は「行政が関わっているのでサポート体制が充実している。ベトナムにも工場があるので優秀な人材がいたら採用する」と話した。
 県内関係企業からは現在約20人の求人があり、年内に第3陣が来日する予定。
※この記事は、5月20日大分合同新聞朝刊9ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 21時11分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る