大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

中津もハッスルプレー 大分合同ソフトボール

 大分合同新聞社旗争奪・第35回中津市自治区対抗ナイターソフトボール大会(市ソフトボール協会、大分合同新聞社主催)が19日、市中央公園グラウンドで開幕した。
 開会式では参加11チームの選手らが入場行進。同協会の近砂熊雄理事長が開会宣言した後、千木良孝之会長が「日頃の練習の成果をしっかり発揮し、けがのないように頑張ってください」とあいさつ。奥塚正典市長が「皆さんの表情に闘志がみなぎっている。力いっぱい戦い、中津を元気にしてほしい」と激励した。
 前回優勝の大悟法が優勝旗を返還。蛎瀬クラブの重松考典選手(43)が「ハッスルプレーをし、試合後のビールをおいしく飲みたい」と宣誓した。
 式の後、予選リンク戦があった。
 ▽予選リンク戦 大悟法4―3蛎瀬クラブ、鍋島7―0田尻みなと(田尻みなと棄権)
※この記事は、5月20日大分合同新聞朝刊16ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 7時21分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る