大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

日本遺産のお土産に 国東市内限定販売の焼酎「仁聞」

改元を記念、有志が企画

 日本遺産「鬼が仏になった里『くにさき』」をPRしようと、国東市内の有志が麦焼酎「仁聞(にんもん)」(900ミリリットル、アルコール度数25度、税別1150円)を製造した。観光客を呼び込むために市内限定で販売する。関係者は「御朱印巡りなどの土産に購入してください」と話している。
 改元を記念して南酒造(南瑠美社長)や国東小売酒販組合(森栄二理事長)、商品開発の企画や地元産品の販売を手掛ける「クレイン・ファースト」(鶴田初美社長)が企画。タイプの違う2種類の麦焼酎をブレンドした。「香りが強く、まろやかな味わいに仕上がった」と南社長。商品名は718年に六郷満山を開いたとされる仁聞菩薩(ぼさつ)にちなんだ。
 ラベルには鬼と仏をイメージしたイラストをあしらった。デザインは市内在住の漫画家で、国東半島を舞台にした作品を描いたアキヨシカズタカさんに依頼した。
 同組合に加盟する市内の約10店舗と大分空港の売店で販売。今後は他の加盟店約30店舗でも販売する予定。問い合わせは南酒造(☎0978-67-0024)。
※この記事は、5月17日大分合同新聞朝刊12ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 22時41分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
「台風19号災害義援金」
受付中 (大分合同福祉事業団)
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る