大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

夢を育み70回 5日に玖珠町「日本童話祭」

 玖珠町の最大イベント「日本童話祭」(大分合同新聞社後援)が5日、三島公園と玖珠川河川敷の2会場で開かれる。今年で70回目。節目を記念した催しや恒例のジャンボこいのぼりくぐりなど多彩なプログラムが“童話の里”を訪れる親子を迎える。
 町出身の偉人で、「日本のアンデルセン」と呼ばれた口演童話家・久留島武彦(1874~1960年)の童話行脚50周年を記念して1950年に始まった。「子どもと夢を」をテーマに毎年、県内外から約4万人が来場している。
 三島公園周辺の仮装パレード(午前9時半~)で幕開け。童話や民話にちなんだ衣装を着た参加者が会場を盛り上げる。
 両会場のステージイベントは午前10時から。クロゴイ(全長約60メートル)などのくぐり抜けを楽しめる。「魚つかみ大会」や「青空大型紙芝居」などがある。
 第70回記念イベントでは、国の登録有形文化財「酢屋」を特別公開。日本遺産「やばけい遊覧」(中津市、同町)にちなみ、和傘を展示する。玖珠郡出身の落語家、三遊亭鳳志と三遊亭じゃんけんによる寄席も予定している。
 前日の4日は、つのむれおとぎ登山や全国児童生徒俳句大会表彰式などがある。実行委員会は「皆さんの支えで、新元号初の童話祭を開催できる。多くの人に来場してほしい」と呼び掛けている。
 町内の無料駐車場は11カ所で計約1900台を収容できる。主要駐車場や両会場から無料シャトルバスを運行している。問い合わせは町教委社会教育課(☎0973-72-7151)。
※この記事は、5月1日大分合同新聞朝刊12ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 7時31分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る