大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

猛暑刻む「げた温度計」 日田観光のPRに

 日田市三芳小渕町の本野はきもの工業は、店先にげたをかたどった大きなオリジナル温度計を置いた。22日に真夏日の30.2度を記録するなど、全国トップクラスとなる同市の猛暑を観光PRにつなげるのが狙い。写真映えが良く、伝統産業の魅力発信に一役買っている。
 温度計は高さ120センチ、幅50センチ。樹齢約100年の日田杉を使い、げた用の鼻緒を活用した。屋内用もあり、高さ48センチ、幅20センチ。杉板に屋形船や鵜(う)飼い、日田祇園祭の山鉾(やまぼこ)など日田を代表する情景をイラストで描いている。
 げた職人の本野雅幸さん(37)が考案。「木工房 林」(天瀬町塚田)の木工作家林隆二さん(48)が協力した。3月下旬に設置して以降、見物に訪れたり、温度計を背景に写真撮影する観光客の姿が見られる。
 「げたを履いたり、屋形船に乗るなど日田ならではの夏を満喫しながら、日本一の暑さを体感してほしい」と本野さん。
 大分地方気象台などによると、同市は35度以上になる猛暑日の年間日数が1994年、45日に達した。連続最多日数は22日(90、94年)。昨夏は最高気温が全国1位となった日は8回あり、8月13日に九州内の観測史上1位となる39・9度を記録した。
※この記事は、4月23日大分合同新聞朝刊15ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 13時31分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る