大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

知識と活用の力問う 小5と中2「県学力定着状況調査」

 県教委は23日、県内の小学5年生と中学2年生を対象にした「県学力定着状況調査」(県学力テスト)を実施した。県内の国公立・私立の小学校260校、中学校128校の計約1万9700人が受けた。
 小5は国語、算数、理科の3教科。中2は国語、社会、数学、理科、英語の5教科。知識とその活用を問う内容で、児童生徒の学習に対する意識や友達やクラスとの関わり方を尋ねる総合質問紙調査もあった。
 結果の速報値は7月上旬に公表する。10月ごろには、全教科で2年連続全国平均を上回った学校名を発表する予定。
 大分市の松岡小(古谷幸子校長)では、5年生187人が試験に臨んだ。担任から注意事項を聞いた後、各教科と総合質問紙の順で取り組んだ。
 調査は子どもの学習到達度を把握し、教育施策や各学校の指導方法の改善・充実に生かす目的。2003年度から毎年、実施している。
※この記事は、4月23日大分合同新聞夕刊11ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 14時21分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る